現場密着型コミュニティ 

パスぽーと

私たちの共通点は『介護』です。

まじわりのはじまり』の場をつくります。

北村紋世/もん

家族、友達、先生、上司、後輩、ボランティアさん、お客様、有名人。自分に向き合い自分の殻をぶち破るチカラをくれるのは、これまで出会ってきた人たちです。どうせ自分なんか、どうせ介護なんか、と一つの世界にとどまっていないで、共通点がある人同士、どんどん出会って認め合って褒め合って教え合って力強く生きていけたらいいな。心の中に、おせっかいおばさんと、のんきなおじさんがいます。

中島千幸/ちー

私にとってのパスぽーとは、元気が生まれる場所。
あんな不安やこんな悩みを、同じ立場で吐き出せて、一緒に考えられるだけじゃなくて。現場で起こる「これいやだよね、あるある」「うちのお客様で面白いことがあった」という話をお互いにできて、いやなことは笑い飛ばせる。メンバーも参加者も、同じような立場の人とまじわることで、元気になって、また明日から頑張ろうって、思ってほしい!

永長佳恵/よっしー

私にとってパスぽーとはパワースポット! 「福祉の本当の魅力」を伝えるための拠点にしたい。福祉を目指す学生が福祉の魅力に気づいていても仕事に結びつかない現実にアタックしたい!そんな学生と巡り会う場所がパスぽーと。福祉の魅力に惹かれて仕事をしている社会人と福祉を学んでいる学生の交流が、私にとっての「まじわりのはじまり」 。私がチャレンジする課題は「福祉の本当の魅力を福祉を知らない人に伝えること!」

西牧綺奏/あやちゃん

母親と一緒に福祉系のさまざまなイベントに参加しています。この仕事の良さをみんなにもっと知ってほしい、そんな想いでメンバーになりました。
自分が思っていることをまわりに言えなかったり、福祉について悩んでいたりする人が、相談したり案をだしてみる機会をつくっていきたいです。
現場の人と学び中(悩み中)の人が、であって、まじわって、つながれる場所がパスぽーとです!

パスぽーと の主な活動  『まじわり』の『はじまり

もやもやケアーズ

介護の現場で感じるイライラや違和感、そのままにせず、自分の言葉で声に出してみませんか。共感し合えることが、きっとたくさんあります。

もやケアは、メンバーや参加者のみなさんが、現場での課題や取り組み、そしてその結果を自由に発表するスタイルの勉強会です。
もやっとボール、投げに来てください。

おしゃべりやさん

高齢者施設で、フラワーアレンジメントやおしゃべりを楽しむ活動です。これまでに、4歳から65歳と幅広い世代の方々と一緒に、約30か所の施設を訪問してきました。1回の参加人数は10人前後。毎回、初参加の方がいます。地域での交流や、障害事業からのご依頼もあり、茨城県へも呼んでいただき、ぐんぐん成長中。

介護同期会や学生交流会

同世代が呑みながら語り合う会や、学生と社会人の交流会など、会いたい人たち、共通点のある人たちに声をかけて開催しています。運動会やクリスマス会など、やりたいことをやりつつ、仲間とつながっていけるようなイベントも。学生にとっては、福祉の仕事を知るきっかけになったらいいなと思っています。

パスぽーと の7ルール

Vimeo のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Vimeo の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Vimeo のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

Vimeo のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Vimeo の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Vimeo のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

パスぽーと のお仲間コミュニティ

株式会社でぃぐにてぃが大拙にしている「世界いち気持ちいい介護」とは、「障がい・疾患の程度に関わらず、お客さまに敬意をもって、お客さまが選択する意志を大切に、お客さまの暮らしを支えさせていただく」介護です。

人生の『生ききる』を支援できる介護のプロフェッショナルを育成し、介護職の専門性を確立させていくことをビジョンに掲げています。活躍できる人材とは、利用者・家族・職員や仲間・事業所・地域にとってのHAPPYを考えられる人!

『茨城を福祉で元気にするプロジェクト』いばふくは研修やイベントを通して茨城を福祉で元気にします!!運営本部があるのはいばらき中央福祉専門学校です。車いすを世界に届けるプロジェクトや音楽イベントなど色々やってます!

法政大学現代福祉学部卒業生ネットワーク。フィールドワークや、大学での授業、100人インタビューやアットホームな勉強会など、定期的に活動しています。
キーワードは「専門性」「将来性」「学ぶ姿勢」。

パスぽーと 応援隊

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました